【簡単】女性におすすめのひざ・ひじの黒ずみを消す方法

ひじひざの黒ずみを消す方法

膝(ひざ)や肘(ひじ)の「黒ずみ」が恥ずかしくて、Tシャツや短いスカートが履けなかったりしていませんか?

ふと、視線がつい気になってしまう膝や肘の黒ずみ。実は黒ずみを気にしている女性は大勢いるんです。

そこで今回は、気になるひじ・ひざの黒ずみを消す方法や具体的な黒ずみの原因をご紹介していきます。

ひじ・ひざの黒ずみを消す方法

黒ずみ専用のラスタークリームを使う

ラスタークリーム

ラスタークリームは、気になる膝や肘の黒ずみや足の色素沈着をケアする美白濃密クリームです。その他にも、くるぶし、脇、デコルテから顔のくすみまで全身に効果を発揮します。新美白理論「メラニンブレーキ」を含む5つの美白成分が入っているので、黒ずみを撃退してくれます。※ドラッグストアなどでは市販されていません

ラスタークリームの主要成分

メラニンブレーキ成分 アルピニアカツマダイ種子エキス
メラニン抑制成分 トラネキサム酸
色素沈着抑制成分 党参抽出物加水分解液
ターンオーバー正常成分 グリチルレチン酸ステアリル
高浸透ブースター成分 油溶性甘草エキス

▶ラスタークリームの価格や詳細はこちら
\割引や返金保証はいまだけ!/

黒ずみを許さない「クレアフォート」を使う

クレアフォート

クレアフォートは、黒ずみに有効な成分が入っており、美白を高める肌サイクルで綺麗な肌へと導いてくれます。さらに、コラーゲンの吸収効率を上げてハリのある肌にします。また、ワキやビキニラインの黒ずみにも有効とのことです。今なら、120日間の無料お試しキャンペーンがついてきます。効果がなかったら、返金してくれるほど自信があるので、ぜひ試してみてください。

▶クレアフォートの金額や詳細はこちら
\割引や返金保証はいまだけ!/

モンドセレクション銀賞受賞「ルフィーナ」を使う

ルフィーナ

ルフィーナは、ひざ・ひじの黒ずみなど、多くの人の悩みに応えた無添加保湿クリームです。ルフィーナは、1日2回塗るだけでケアが簡単で長続きしやすく、美白効果に対する口コミも数多く見られます。膝立ちが多い方にも満足がいく商品です。120日間返金保証もやっているので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

▶ルフィーナの金額や詳細はこちら
\割引や返金保証はいまだけ!/

その他有効な方法

  • ニベアで黒ずみを予防
  • 入浴前・入浴時のケア・入浴後の保湿
  • スクラブなどで角質を除去する
  • 膝や肘をつかないように気をつける
  • 毎日保湿クリームを塗ってしっかりケア

ニベアで黒ずみを予防する方法

ニベア

ニベアクリームで黒ずみを消えるという話がありますが、ニベアクリームで黒ずみを解消することは出来ません。ニベアクリームには保湿成分は入っていますが、美白成分が入っていないのですでに出来ている黒ずみは消すことができないです。

しかし手軽にできるので、膝や肘の黒ずみを治した後の予防としてはコスパが抜群に良いので、おすすめです。

①ニベアとエプソムソルトを用意

エプソムソルト

ニベアとエプソムソルトを1:1の割合で混ぜこみます。エプソムソルトがない場合はスクラブ状のもので代用が可能です。

②黒ずみ部分に軽く塗り込む

黒ずみを消したい部分に対して、5分~10分程度マッサージをするように軽く塗り込みます。

③水で洗い流して保湿ケア

マッサージをした後は、水で洗い流します。その後、コットンなどで化粧水をつけたり、ニベアで保湿をしてあげるとより保湿ができます。

みんなが実際にやっている黒ずみを消す方法

黒ずみの保湿対策は季節によって変えよう

夏場の保湿対策

夏場の保湿対策は、美白化粧水がおすすめ。美白化粧水は、日焼けしてメラニンが活性化した肌のアフターケアにも最適なため、夏の肌の強い味方です。特に、ビタミンCやコウジ酸、アルブチンなどの美白効果が認められている成分が入っている化粧水を選びましょう。

また、夏場は特に紫外線が強く、メラノファージが増え炎症後色素沈着となる可能性が高いです。そのため、保湿だけでなく「紫外線対策」も重要です。短いスカートなどを履くときは、必ず足にも日焼け止めを塗り、紫外線対策をしておきましょう。

冬場の保湿対策

冬場は、乾燥が大敵です。そのため「部屋の加湿」「肌に良い食事を摂る」「衣類の刺激を避ける」「クレンジングと洗顔は短時間で行う」「洗顔後と入浴後はすぐに保湿ケア」などに注意しましょう。

黒ずみの原因は摩擦による炎症

皮膚への圧迫や摩擦などにより炎症が生じることで、メラニン形成と過剰角化が進み、黒くかたい皮膚になっていきます。そのため、床や地面に当たることが多い膝(ひざ)や机などに当たりやすい肘(ひじ)は、体の中でも特に黒ずみになりやすいのです。

また、ひざやひじは新陳代謝がしにくいため古い角質がとれにくいということも原因として挙げられます。

黒ずみができるまでの4工程

  1. 摩擦や圧迫などの刺激を受ける
  2. 炎症の発生により角質が厚くなる
  3. 炎症に反応し、メラニンが発生
  4. 黒ずんだ分厚い皮ふとなる

角質とは?

皮膚の特に表皮は皮膚バリア機能を果たしており、特に表皮がバリアとなり、表皮の最も外側では角質細胞層(角質層、角層とも)を強く構成している。 角質層は、レンガに例えられる角質細胞と、セメントに例えられる細胞間脂質でできた壁のようなものでラメラ構造となっており、皮膚バリア機能は角質層の完全性によって保たれている。

メラニンとは?

動物の皮膚などにある黒褐色ないし黒色の色素の総称。

黒ずみを避けるために気を付けたい5つの習慣

  1. ひざの上で脚を組む
  2. 固い床などの上で寝る・横になる
  3. ひざで立つ姿勢をとる
  4. 頬杖をつく・ひじをついて作業をする
  5. 身体を冷やさない・よく睡眠をとる

ひじ・ひざの黒ずみ即効で消す方法まとめ

  • 黒ずみ専用のクリームを使う
  • 保湿や生活習慣に気を付ける
  • ひじ・ひざは固い所につかないよう気を付ける

日ごろから、保湿や生活に気を付け、お手入れしておけばいざという時に黒ずみのないキレイなお肌が見せられます。

もし、早急に黒ずみをなんとかしたいのであれば、「黒ずみ専用クリーム」を使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。