女性必見!一人暮らしの節約術

お弁当

一人暮らしだと支出が多くて、なかなかお金が貯まらない…そんな風に思っていませんか?家賃や光熱費など、生活に必要なお金だけでもかなりの出費になるので、毎月やりくりするので精一杯という女性もいるかもしれません。

そんな女性のために、一人暮らしに役立つ節約術をご紹介します。

一人暮らしのための節約術は、誰でもできる簡単なことばかりです。今日から少しずつ実践して、上手にお金を貯めていけるようにしましょう。

家計簿をつける

一人暮らしで節約をするためには、まず支出がどれくらいあるのかを把握することが必要です。そのためには、家計簿をつけましょう。

家計簿をつけると、どの分野で多く支出が発生しているか、どの項目は節約することができそうか、などお金の流れが一目瞭然になります。

自分が思いがけずお金を使ってしまっている項目や、支出を減らせそうな項目を把握する
ために、こまめに家計簿をつけるようにしましょう。1円単位で家計簿をつけるのが面倒な人は10円単位でも構いません。

家計簿をつけて、支出項目とおおよその金額を把握することが重要です。

家計簿をつけるなら、アプリで簡単続けやすい家計簿【Linkx 家計簿】

▶︎Androidはこちらから
▶︎iosはこちらから

支出を減らす

家計簿で支出項目を把握したら、具体的に支出を減らす努力をしましょう。今回は、一般的に支出を減らすことができる項目を中心に、節約術をご紹介します。

家賃

女性の一人暮らしの支出で一番大きい部分を占めるのは、月々の家賃です。少ない人でも給与の4分の1、多い人では給与の半分が家賃ということもあるでしょう。

家賃の減らすことができれば、それだけでかなりの節約ができます。

賃貸契約の2年が経過するタイミングで、もう少し家賃が安い物件に引っ越すことができないか、よく検討してみましょう。

駅近に住んでいる女性は、駅から徒歩10分以上離れるだけで家賃がぐんと下がります。新築や築浅物件に住んでいる女性は、築年数を5年以上にすると家賃が安くなりますよ。バストイレ別にこだわらず、ユニットバスも家賃が安い物件の特徴です。

女性の一人暮らしですから、セキュリティ面の条件を落とすのはやめましょう。物件の設備や築年数の質を少し落とし、なるべく家賃が安い物件を選ぶのが家賃節約術のコツです。

食費

家賃の次に目を向けたいのは、食費です。食費は意識している人とそうでない人で大きく差が出る項目なので、節約術をうまく活用しましょう。

毎日キッチンに立つ時間的・精神的な余裕がある女性は、自炊すると食費はガクンと下がります。週に数日しか自炊できない女性は、無理して自炊せずにスーパーのお惣菜を買う方が安く済む場合があります。

自炊の節約術は、不要な食材やお菓子を買うのを避けるためお腹が空く時間にスーパーに行かないこと、特売につられて消費しきれない量の食材を買わないことです。基本的には家にあるものと、その日安くなっている少量の食材で自炊するのが、食費の節約につながりますよ。

通信費

一人暮らしをしていると何かとかかってしまう通信費ですが、思い切って格安スマホに乗り換えたり、家のインターネットWiFi環境を解約してしまうのも節約術の一つです。

通信キャリアのスマホ契約から格安スマホに乗り換えるだけで、月数千円の節約になります。一人暮らしの自宅でインターネット回線契約をしているなら、スマホとセットのWiFiルーターに置き換えてみましょう。

最近はモバイルWiFiルーターでも速度があるので、家でインターネットを閲覧するくらいならモバイルWiFiルーターでも十分ですよ。

美容費

美容費にお金をかけている女性も多いと思いますが、一人暮らしで節約をしたいなら美容費は月にいくらまでと上限を決めましょう。

美容室にかかる費用のおすすめの節約術は、クーポンを利用することです。初回は◯%OFFや、クーポンを利用すれば◯円引きとなっているクーポンを利用し、お得に美容室を利用しちゃいましょう。

交際費

友達とおいしいディナーを食べに行ったり、会社の同僚と飲みに行ったり…働く女性ならそれなりの交際費がかかってきます。全て断っていると人付き合いが極端に減ってしまいますので、美容費と同じく月の上限を決めて外食や飲み会に使うようにしましょう。

友達と外食する時は、クーポンが使えるお店に行くなど細かい節約術を意識すると、少しずつですが交際費の支出を減らすことができますよ。

少ない物で暮らす

一人暮らしの節約術でもう一つ重要なことは、少ない物で暮らすようにすることです。似たようなテイストの洋服が複数枚あったり、いつ買ったかわからない調味料が冷蔵庫に入っていませんか?

物に溢れていると自分が何を持っているか把握しきれず、不要な物を買って不必要な出費をしてしまうことにもなります。場合によっては断捨離を行い、自分が把握できる量の物を持つようにしましょう。

何かが必要となった場合は、家に同じものや似たようなものがないか今一度確認し、確実に必要だということがわかってから購入するのがおすすめです。特に洋服や調味料は不必要に増えがちなアイテムなので、気をつけてください。

女性の一人暮らしでお金を貯めるなら節約術をマスター!

女性の一人暮らしでお金を貯めるなら、支出項目を把握し、節約術を意識しながら少しずつ支出を減らしていきましょう。

不要な物は持たず最低限の物で暮らすことで、買い物の際には自分に本当に必要なものかどうか判断することができ、節約につながりますよ。

家計簿をつけるなら、アプリで簡単続けやすい家計簿【Linkx 家計簿】

▶︎Androidはこちらから
▶︎iosはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。