Amazonで買ってよかったイヤホン9選!いつ買うべき?価格帯は?

イヤホン

イヤホンを買う時、有線タイプのイヤホンを買おうかワイヤレスタイプを買おうか迷いませんか?また、音にどこまでこだわるのか、イヤホンにどれだけお金をかければいいのかわからないという人もいるでしょう。

そこで今回は、Amazonで買ってよかったという声が多かったイヤホン9選をご紹介します。

イヤホンをいつ買おうかなと考えている人、イヤホンのタイプや価格帯に悩む人は参考にしてみてくださいね。

イヤホンはいつ買うべき?価格帯は?

イヤホンを買う時や買い替える時はどんな時でしょうか?新しいミュージックデバイスを手に入れた時や、前のイヤホンが使えなくなってしまった時、イヤホンを買わなきゃ!と思いますよね。

現在使っているイヤホンの性能に満足できなかった時も、新しくイヤホンを買いたいと思うタイミングです。音楽を楽しむ時間が長くなったり、仕事で音楽に関わるようになると、音にさらにこだわりたいという思いが出てくるでしょう。

イヤホンは1,000円程度で買えるものから2万円を超えるものまで、価格帯が幅広いです。良いイヤホンは決して安い買い物ではありませんので、Amazonのセールのタイミングを狙うのがおすすめです。

せっかくなら性能の良いイヤホンを買って、クリアな音や臨場感のある音楽を楽しみましょう。

有線タイプのおすすめイヤホン3選

まずは、昔から馴染みのある有線タイプのおすすめイヤホン3選をご紹介します。難しい操作がいらず、1,000円前後の価格帯で買えるリーズナブルさが魅力ですよ。

Sony(ソニー)イヤホン MDR-XB55 カナル型

ソニーの重低音モデルのイヤホン。「ベースブースター」と言われる機能が、低い音を正確なリズムで捉え、重低音のグループ感を出してくれます。ヘッドホンで聴いているように、低音がよく聴こえますよ。

小型なドライバーで耳の奥までイヤホンを装着できるので、遮音性が高く、高音質が実現されています。絡みにくいコードで、耐久性も抜群です。

Pioneer(パイオニア)イヤホン SE-CH3T

ハイレゾ対応の5.5mマイクロドライバーが搭載されたパイオニアのイヤホン。不要な振動を抑制する設計で、音がクリアに聴こえるのが特徴です。

とてもコンパクトで3.1gと軽量なので、長時間音楽を聴いていても耳が疲れてしまうことがありません。特に女性におすすめのモデルです。洗練されたスタイリッシュな見た目で、おしゃれに着用できますよ。

パナソニック カナル型 イヤホン RP-HJE150

1,000円以下という抜群のリーズナブルさで人気のパナソニックのイヤホン。シンプルな音のバランスで、音質も良いと大評判です。

軽量でコードも細いので、持ち運びに便利。意外と耐久性があり、断線したり壊れたりしないのも評価ポイントの一つです。コスパの良いイヤホンですよ。

Bluetoothタイプのおすすめイヤホン3選

次に、Bluetoothタイプのおすすめイヤホン3選をご紹介します。Bluetoothタイプなら、煩わしいコードがから解放されますよ。

Sony(ソニー)ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN

ソニーの得意技であるノイズキャンセリングが搭載されたBluetoothのイヤホン。周囲の音をシャットアウトし、集中して音楽を楽しむことができるので、通勤時間や騒がしい場所でも快適に使いたい人におすすめです。

マルチペアリングに対応しているので、最大8台までの機器とペアリングが可能。スマートフォンやタブレットなど、複数のデバイスでワイヤレスリスニングが楽しめます。

SoundPEATS(サウンドピーツ)ワイヤレスイヤホン Q35Pro

サウンドピーツのQ35Proの特徴は、aptXとAACの両方のコードに対応しており、遅延がほとんどないことです。そのため、iPhoneでもAndroidでも音がズレることがなく、快適に高品質な音を楽しむことができます。遅延が少ないので、動画観賞やゲームにもおすすめですよ。

IPX6防水に対応しているので、スポーツ中や入浴中の使用も可能。人間工学に基づいたイヤホンのデザインはフィット性が高く、イヤーピースは5サイズ、イヤーフックは3サイズから選べるのでぴったりのものが見つかります。

Bose(ボーズ)QuietControl 30 wireless headphones

音にとことんこだわりたい本格派にはサウンドメーカーBoseのQuietControl 30 wireless headphonesがおすすめです。

ノイズキャンセリング機能が搭載されているだけでなく、レベルをコントロールできるのが特徴。イヤホンの音だけに完全に集中したい時、周囲の音も聞き漏らしたくない時など、利用シーンに合わせてレベルが調節できます。

ネックバンドタイプの設計で、ちょうど良いフィット感が得られます。ソフトな素材を使っているので、長時間の装着でも疲れることなく音楽が楽しめますよ。

完全ワイヤレスタイプのおすすめイヤホン3選

最後にご紹介するのは、完全ワイヤレスタイプのおすすめイヤホン3選です。スタイリッシュな見た目と、快適さが魅力です。

Apple AirPods

2万円程度の高額なイヤホンながら、圧倒的な人気を誇っているのはAppleのAirPodsです。

さすがAppleと言いたくなるおしゃれなデザインと使いやすさが魅力。Appleデバイスを持っている人なら、迷わず購入しておきたい完全ワイヤレスのイヤホンですよ。

Tao Tronics SoundLiberty 77

Tao TronicsのSoundLiberty 77はMCSync技術を採用し、左右同時伝送を実現。音飛びや音切れ、音ズレしにくく、低遅延の品質で快適に音楽を楽しむことができます。

IPX7の完全防水なので、スポーツ中や入浴中の音楽観賞にも最適。イヤーピースは遮断性に優れているので、音に集中できるだけでなく、音漏れの心配もありません。

Anker Soundcore Liberty

AnkerのSoundcore Libertyの最大の魅力はバッテリーの持ち。イヤホン単体で連続再生8時間、充電ケースを合わせて使うと最大100時間の連続再生が可能です。万が一バッテリーが切れてしまっても、15分充電すれば2時間の連続再生ができるので安心ですよ。

バッテリーの持ちにこだわりたい人におすすめのワイヤレスイヤホンです。

イヤホンにこだわって音楽をもっと楽しもう!

イヤホンはとにかく種類が多く、1,000円を切るリーズナブルなものから2万円を超える価格帯も様々です。

有線タイプかワイヤレスタイプか、音や性能にどこまでこだわるかによって、選択するイヤホンは変わってきます。

音楽の楽しみ方を左右するイヤホン。納得いくまで比較して、これぞ!と思えるイヤホンを購入してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。