【2019年9月キャンペーン】Google Pay(グーグルペイ)のお得な使い方

グーグルプレイ

最近ではQRコードやバーコードを使ったスマホ決済サービスが数多く登場していますが、今ひとつ利便性に欠けて使いにくさを感じている人も多いかもしれません。

もっとスマートにスマホをかざすだけで支払いができれば便利なのに…と思っている人は、PayPayなどよりも電子マネーの方が便利に感じられるでしょう。

そんな人におすすめなのが「Google Pay(グーグルペイ)」です。Googleが提供している決済サービスの1つでスマホをお財布にすることができます。しかも支払いはワンタッチで非常にスマート。キャッシュレスにスマートさを求める人におすすめです。

Google Pay(グーグルペイ)とは

「Google Pay(グーグルペイ)」は、Googleが実施している支払いサービスです。Google Payに電子マネーやクレジットカードを登録するだけで、現金いらずで支払いが可能になります。

しかも、Google Payを使った支払いでは、スマホやアプリを起動させる必要がありません。端末にかざすだけで支払いが完了してしまうので非常にスマートです。

QRコード決済だと「スマホロック解除」→「アプリ起動」→「QRコード提示」→「店員が読み取る」→「金額を入力、確認」→「支払い完了」とこれだけのステップが必要になります。キャッシュレスとは言いつつも、スマートさは全然ありません。

Google Payなら「スマホを取り出す」→「スマホをかざす」→「支払い完了」のたったこれだけで済みます。どちらがスマートかは一目瞭然ですね。

Google Payで登録できる電子マネー・クレジットカード

電子マネー一覧

Google Payで使える電子マネー
・Suica
・nanaco
・楽天edy
・WAON
・QUICPay(Kyash,JACCS,JCB,LINEPay,ゆめカード,楽天カードのみ対応)
・iD(LifeCard,三井住友カードのみ対応)

Google Payの基本的な使い方としては、電子マネーを登録し、決済用のクレジットカードを登録、電子マネーにチャージ(ポストペイ型はそのまま使える)するだけで使えるようになります。

Google Payが使えるお店

Google Payは、Google Pay自体に対応したお店を探すというわけではなく、それぞれの電子マネーに対応した加盟店で利用できます。

Suicaであれば電車にも乗れますし、コンビニなどでも使えます。Google Payとしてではなく、それぞれの電子マネーとして使うような形になります。

そのため、支払い時にも「Google Payで」と店員に伝える必要なく、「Suicaで」「WAONで」といったようにそれぞれの電子マネーの名前を伝えるだけで使用できます。

Google Payの使い方

Google Payでは、まず利用する電子マネーを登録します。

アプリトップ画面下部の「支払い」→「+お支払い方法」→「電子マネー」をタップ

アプリトップ画面下部の「支払い」

登録できる電子マネーが表示されるので好きなものを選んで「同意する」をタップ

「同意する」をタップ

それぞれの電子マネーの登録画面が表示されるので、パスワードなどを設定すれば登録完了です。

チャージ型の電子マネーであれば、ここから残高をチャージする必要があります。チャージには「クレジットカードの登録」が必要です。

「支払い」→「+お支払い方法」→「クレジット/デビット/プリペイド」をタップ

クレジットデビットプリペイド

カードを写真で読み取る/手動でカード情報を入力すれば登録完了です。

チャージをするには、利用する電子マネーの画面を開き「チャージ」をタップ

支払い画面

「チャージ金額」と「支払い方法(クレジット)」を確認して「チャージする」をタップするだけで完了です。

チャージ

あとはICカードタイプの電子マネーと同じような使い方でお買い物などができます。

チャージから支払いまでスマホ1つで完結するので残高不足の時に周りにチャージでいる端末やお店がないといった状況もなくなります。

Google Payのお得な使い方

Google Payをよりお得に使うための方法を紹介していきます。QRコード決済ほど積極的なキャンペーンなどは行なっていませんが、利便性は非常に高いので、それに加えてメリットをゲットしましょう。

①クレジットポイントが貯まる

例えばICカードタイプのSuicaの場合、利用に応じてポイントが貯まるといった仕組みはありません。

Google PayのSuicaだとチャージをクレジット決済で行うため、チャージによってクレジットカードのポイントが貯まります。これだけでも普通のSuicaを使うより、Google Payを使った方がいいといえます。

②Google Payのキャンペーンをチェック

楽天カードを設定・利用で、1,000ポイントのチャンス!

期間 2019年9月30日まで
内容 期間中にエントリーいただき、Google Payに楽天カードを設定のうえ、1回以上ご利用いただいた方の中から1,500名様に1,000ポイントプレゼント!

▶楽天カードを設定・利用で、1,000ポイントのチャンス!の詳細はこちら

ライフカードGoogle Pay開始記念!現金10万円キャッシュバックキャンペーン

期間 2019年9月30日まで
内容 期間中にライフカードで登録した「iD」をGoogle Payで合計10000円以上利用した人の中から抽選で10名に現金10万円がキャッシュバックされます。

▶現金10万円キャッシュバックキャンペーンの詳細はこちら

JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!

期間 2019年12月15 日(日)まで
内容 かんたん3ステップで、利用額の20%(最大10,000円)をキャッシュバック!
1.JCBカードをApple Payまたは Google Pay(TM)に設定する
2.下記ページからキャンペーンに参加登録する。
3.Apple Payまたは、Google Payを利用する

▶JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!の詳細はこちら

Google Payのお得な使い方まとめ

キャッシュレスでスマートなライフスタイルを実現するのであれば、絶対にQRコードよりもGoogle Payがおすすめです。財布いらずでスマホをかざすだけで支払いができる利便性には敵いません。

キャンペーンや還元こそ少ないものの、どこに価値を見出すかを考えれば、Google Payの魅力が存分に理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。