【2019年版】キャビンアテンダントの給料と平均年収!CAになるための条件は?

CA

女子大生の憧れの職業とも言われるキャビンアテンダント。世界を飛び回って仕事をしている姿や、キャビンアテンダントを描いたドラマのイメージから、華やかな仕事として人気があります。

そんな憧れの職業キャビンアテンダントは給料や年収が高そうなイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

キャビンアテンダントの給料や平均年収、キャビンアテンダントになるための条件をご紹介します。

キャビンアテンダントの平均年収は?

まずは、キャビンアテンダントの給料や平均年収についてご説明します。

厚生労働省が発表している平成30年「賃金構造基本統計」の作成を目的とする統計調査のデータによると、キャビンアテンダントの平均年収は637.4万円となっています。

平均月収は月41.4万円で、平均賞与(ボーナス)が140.5万円、月収と賞与を合わせた平均年収が637.4万円です。

かつてキャビンアテンダントが憧れの職業と言われていた頃は、年収1,000万円を超えるキャビンアテンダントもいたようですが、航空業界の売り上げの落ち込みなどからキャビンアテンダントの年収は以前に比べると下がってしまいました。

参考データ:職種・性、年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(厚生労働省)

航空会社ごとの給料は?

ANA

次に、航空会社ごとの給料を見ていきましょう。以下は各航空会社の新卒採用の給料です。

日本航空(JAL)
  • 188,000円
全日本空輸(ANA)
  • 大卒 180,319円
  • 院卒 188,221円
  • 短大・専門卒 172,582円
スカイマーク
  • 短大・専門卒 200,000円
  • 大卒 250,000円
  • 院卒 260,000円
スターフライヤー
  • 短大・専門卒 164,000円
  • 大卒 166,500円
ピーチ
  • 訓練生 時給1,000円
  • 客室乗務員 時給1,100円〜

スカイマークが20万円を超えているものの、ほとんどの航空会社は初任給で20万円以下で、給料が時給制の会社もあります。

労務行政研究所が発表した2019年度の新入社員初任給調査では、大卒の初任給平均が21万2,304円となっており、それと比較するとキャビンアテンダントの初任給は決して高いとは言えません。

華やかで女性が憧れる職業と言われているキャビンアテンダントですが、初任給を見ると一般的な企業の総合職に比べて見劣りする面があるようです。

参考データ:2019 年度 新入社員の初任給調査(一般財団法人 労務行政研究所)

各航空会社の採用情報

継続年数が長くなると給料は上がる?

キャビンアテンダントの給料は、継続年数が長くなると上がっていく傾向にあります。

厚生労働省が発表している平成30年「賃金構造基本統計」の作成を目的とする統計調査のデータを見てみると、25歳を過ぎると月の平均給料が30万以上に、35歳を過ぎると月の平均給料が40万以上になっています。

初めのうちは賞与(ボーナス)も少ないですが、25歳を超えると一気に100万円を超えるようになり、継続勤務すると昇給が期待できるでしょう。

年齢 平均月収 平均賞与 平均年収
20〜24歳 26.8万円 35.6万円 357万円
25〜29歳 32.5万円 104.5万円 495万円
30〜34歳 38.5万円 135.7万円 598万円
35〜39歳 42.4万円 144.5万円 653万円
40〜44歳 48.5万円 181万円 763万円
45〜49歳 57万円 227.5万円 911万円
50〜54歳 58.2万円 234.9万円 933万円
55〜59歳 55.8万円 239.2万円 909万円

一方で、キャビンアテンダントは体力勝負な仕事ということもあり、年齢を重ねると働き続けることが難しく、平均的な継続勤務の年数が少ないのも特徴です。

参考データ:職種・性、年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(厚生労働省)

CAになるための4つの条件とは?

やる気や意気込みとは別に、キャビンアテンダントになるには、ある一定の条件をクリアしなければいけません。

詳細は各航空会社の募集要項に記載がありますが、以下の条件を満たしていないと応募することができないので、キャビンアテンダントを目指す人は注意して見ておきましょう。

英語でコミュニケーションができる

キャビンアテンダントは、英語でコミュニケーションが取れる必要があります。

世界を飛び回る仕事のキャビンアテンダントは、機内で外国人のお客様をアテンドすることも多いですそのため、各航空会社ではTOIEC600点以上、またはそれと同等の英語力を必須としています。

実際にキャビンアテンダントとして仕事をしている人は、TOEIC600点よりもさらに高い英語力を持っており、ビジネス英会話程度はスラスラできる人が多いでしょう。

英語が理解できる、話せるのはキャビンアテンダントとして必須の条件です。

身長が規定以上

よくキャビンアテンダントは身長が160cm以上でなければならない、と言われたりしていますよね。

各航空会社では具体的な身長を明記していることはあまりありませんが、例えば「背伸びをして210cmに届くこと」など規定以上の身長があることを暗に提示している場合が多いです。

これは上部の棚にあるお客様の荷物を出し入れしたりする時に必要となるからで、身長が低くて棚に手が届かないと業務上差し支えがあるからです。

1.0以上の視力

航空機内でトラブルがあったの際、キャビンアテンダントはお客様の安全を確保しなければなりません。そのため、キャビンアテンダントには1.0以上の視力が求められています。

ほとんどの航空会社では、コンタクトをつけた上で1.0以上の視力があれば良いという条件になっています。メガネはお客様の怪我の原因になったり、紛失のリスクがあるため認められていません。

キャビンアテンダントを目指す場合は、視力の低下に気をつけておくようにしましょう。

呼吸器・循環器などに支障がない

呼吸器・循環器や、耳鼻咽喉・眼球、そして脊椎など飛行機で業務を行うのに支障が出るような持病がある人は、キャビンアテンダントになることはできません。

長時間のフライトでも業務を行うことができる健康な体と体力があることが、キャビンアテンダントの重要な条件の一つとなります。

キャビンアテンダントは給料の割に大変な仕事

世界中を飛び回り、色々な人と知り合うことができるキャビンアテンダントの仕事は一見華やかに見えますが、体力勝負の仕事です。

立ちっぱなしで仕事をしなければなりませんし、長時間のフライトでも耐えられるだけの体力が必要。年齢を重ねるにつれて、体力的に難しいと感じる人も多いようです。

「空のガテン系」と呼ばれることもある大変な仕事の割に、一般的な総合職と比べて給料がそれほど高いということはなく、給料の割に大変な仕事と言えます。

お客様へサービスを提供することで喜びを感じたり、海外の人と仕事をして視野を広げるなど、給料ではない別の面に魅力を感じる人にとっては、キャビンアテンダントの仕事はやりがいのある仕事になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。